トロフィーレベルが38になりました & 今後の更新予定

皆さんこんばんは!急に寒くなりましたね(^^;約4ヶ月半振りにトロフィーレベルが上がったので、恒例のレベルアップ報告です。

前回のレベルアップが7月の頭ですから1レベル上がるのにかなりの時間が掛かってしまいました。9月位まではかなり忙しくてあまりゲームを遊ぶ時間が取れませんでした。そして遊ぶペースが落ちると、それに伴ってじっくりと腰を据えてPS4を起動するのが面倒になってしまったという……。おかげさまで今では仕事も落ち着き、モチベーションもすっかり回復しました(^^ この先暫くの間はFF15を始めとした新作ラッシュが続くので、それまでに時間の余裕とやる気が元に戻って良かったです(^^
lv_38.jpg

いつもは新作洋ゲーを中心にプレイしているのですが、今回は和ゲーをたくさん遊んでみました。時間がない時はスキマ時間に少しずつ進められるVitaゲーが便利で助かります!私はPS4版とVita版が縦マルチで発売される場合は、アクション系はPS4版、RPGはVita版をいつも選んでいます。PS4もスリープができるようになりましたが、やはりVitaのスリープの方が圧倒的に手軽ですので。特にダンジョンRPGやローグライクなどのセーブポイントなしで長時間プレイしないといけないタイプのゲームでは重宝しています。
ですが、最近のVitaゲーはUnityエンジンを使っているものが増えてきたので、縦マルチの場合にPS4版とVita版のどちらを購入すべきか毎回悩むようになりました。Unityを使われると不安定(プチフリーズ、処理落ち)かつモッサリしまくりゲーになってしまってストレスが半端ないんですよね。これだけたくさんのゲームがモッサリするということは、最適化にも限界があるということなんでしょうね。Unityに代わる新しいエンジンが早く出てくることを祈っています(^^;


のっけから愚痴で始まってしまいましたが、気を取り直してプレイしたゲームの感想に移ります。
レベル37の間に遊んだ中で最も印象に残ったタイトルは「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」です。

このゲームは日本一ソフトのダンジョンRPGです。私は日本一のSRPGはとても好きなのですが、ダンジョンRPGはプレイしたことがなかったため、購入前はそれ程システム面の期待はしていませんでした。キャラやストーリーについても、ディスガイアと同じ方が絵を描かれているので自分の好みに合うだろうと思いつつも、パケ絵の中心が子供のキャラクターだったので、もしかしたら媚び系萌えキャラ&ストーリーだったらどうしようと若干心配していました(美少女ゲーでもバカゲーなんかの明るい雰囲気のものは全然問題ないんですけど、媚び系は好きではありません)。

こんな感じで期待半分、不安半分だったのですが、いざプレイを始めてみたら、キャラは非常に個性的でストーリーも先が気になる内容、システム面についても装備品のハクスラ要素やダンジョンの壁破壊などの探索が快適になる仕組みをたくさん実装しており、各所での評価が高いのも納得の作品でした

一般的にダンジョンRPGはダンジョン潜りに重点が置かれているため、ストーリーはさっさと飛ばして探索に戻りたくなってしまうイマイチなものが多いのですが、このゲームは全く異なります。とにかくストーリーの先が見たくて仕方ないのです。探索パートも面白くて止め時がなかなか見つからず、おかげでトロフィーの取得時間が深夜・早朝連発の酷いものになってしまいました(^^;

トロフィーについても一風変わっていました。トロフィー名が「1頁・2頁」というようなページ名、トロフィー説明は「勝った。それにしても、なんと心もとない世界だ。これが餌だと、これを食うというのか?」というような文章なので一見何のことか全く分かりませんが、これは作中の登場人物の探索記録になっています。トロフィーが解除された時と、ゲームクリア後にもう一度読み返すことでストーリーをより深く知ることができます。

トロフィー名と説明文を見ただけでは取得条件が全く分かりませんが、ダンジョンの特定フロア到着トロフィーとボス戦勝利トロフィーのみですので、真エンディングまで進めれば問題なくプラチナトロフィーを取得できます。取り逃し要素がないのでトロフィーを心配せずにプレイできる点も良かったです。

ストーリー重視派、システム・探索重視派、どちらの方にもお勧めできる作品です。ほのぼのムードと残酷さの両方を併せ持つ大人向け絵本のようなストーリーですので、ディスガイアのノリが合わない人でも大丈夫です(ディスガイアとは全く異なります。悪ノリ的な雰囲気はありません)。Vitaをお持ちの方は、ぜひ遊んでみて下さい(^-^)


それではいつものようにレベル37の間にプレイしたゲームを簡単に振り返ります。

真 流行り神2
 ホラー系アドベンチャーゲームです。前作がホラーというよりもグロのオンパレードのスプラッター物だったので買うべきかすごく迷ったのですが、原点回帰と宣伝されていたので購入。PSP時代の物に比べると不気味さが薄く物足りない点もありましたが、キャラも立っていますしシステムも快適で、まずまずの及第点ではないかと思います。もう少しギャグやSF要素を減らし、かつホラー表現を直接的ではないもの(グロに頼ってその場でギャーとなる驚かせ方ではなく、結論まで読んでみたらあの時の◯◯は実は××な意味があったと分かってゾーッとするようなもの)にしてくれると言うことはないのですが。今後に期待です。

初音ミク Project DIVA Future Tone
 ミクのアーケードゲームをPS4に移植したPSN専売ソフトです。無料の本体に楽曲パックを購入する形式で、両方のパックを買うと200曲以上の特大ボリュームでたっぷり遊べます。アーケードベースですのでVitaやPSPのミクとは基本操作が若干異なりますが、戸惑うような違いはありません。Divaシリーズの過去作に収録されていた曲も殆ど入っていて、気に入っている楽曲をPS4の大画面でプレイできるのが楽しかったです。DivaXの選曲はミクに偏り過ぎていましたが、今作には他キャラクターの曲も十分含まれている点も良かったです。Divaルームやガチャ方式によるモジュール集めなどのDivaXで苦痛に感じた要素が一切なかったので、最初から最後まで楽しく遊べました。難易度Extremeクリア系のトロフィーもないので(プレイするだけでOK)音ゲー初心者にもお勧めです。

LittleBigPlanet 3
 まさか日本でLBPのオンラインが終了する日が来るなんて……。本当にショックです。オン終了前にフレンドさんが駆け込みプレイをすることを聞いて、それならと便乗してPS4版をプレイしました(PS3版は発売時にプレイ済)。今作はLBP1・2と違って開発がMM(Media Molecule)ではないのでLBPとしては物足りなさがありますが、十分面白いです。難易度も1や2よりも低いので、新規プレイヤーにもお勧めなのですが、オンラインが終わってしまいました(T_T) やっぱりキャラや雰囲気が日本市場にはあまり合わなかったのでしょうか? この先LBPの新作が出るのか、出たとして日本で発売されるのかとても心配です。そういえばDLCもまだ1つしか出ていないんですよね(^^; LBP2やVitaではDLCが4作も出ていましたし、LBPのDLCはいつも忘れた頃にやって来るのでもう1本位は出そうなんですがどうでしょう?さすがに日本でオンが終わっているので、仮に出たとしてもオフのみでクリアできる内容になるのでしょうか?一応PS3版4版ともに北米版を買って備えていますw

ドラゴンクエストビルダーズ
 購入して積んだままになっていたものを積みゲー置き場から発掘。とても面白く、もっと早い時期にやれば良かったと後悔しましたw クラフトにハマりまくって寝不足になりました。続編が待ち遠しくて仕方ありません。もちろんストーリーも抜群で、しっかりとドラクエしています。村の住民に個性がある点、登場人物が主人公を無条件に崇めてはいない点(主人公は勇者ではないので、街を復活させることはできても竜王を倒すことはできないと皆が思っています)も良かったです。竜王を撃破した後の感動はかなりのもので、久々に童心に帰ることができました。カメラワークが悪いのと、トロフィー狙いだとタイムアタックが必要になる(クラフトをじっくりやり込めない)のが難点ですが、だからと言って購入を控えるのは絶対に損です。特にドラクエのナンバリング過去作をプレイしたことのある方にお勧めです

Skulls of the Shogun
オトボケな将軍と骸骨兵たちが出てくるストラテジーゲームです。「ストラテジー」に分類していますが、キャラがレベルアップしないだけで、実際のプレイはSRPGそのものです。盤面がマス目で区切られていませんし(移動力に応じた距離を自由に動かせます。戦ヴァルと同じ)、戦闘中に味方を増やすことができる(敵も増やしてきます)ので、多彩な展開を楽しめる点も良かったです。後半のステージはそれなりに難しいので脳筋プレイだと詰みますが、PS Plusのフリープレイになっていましたし、SRPG好きな方ならプレイして損はないと思います。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
 日本一ソフトのダンジョンRPGです。上に詳しく書いたのでここでは省略します

Fallout 4
 DLC3「Far Harbor」~DLC6「Nuka-World」をプレイ。Far HarborはFallout3の「Point Lookout」を思い出させる陰鬱な街でとても良かったのですが、いずれのDLCもFO3やNew VegasのDLC程の出来ではなかったのが残念です。もちろん一定の基準には達しているのですが、本編同様居住地運営やクラフト要素に重点が置かれてしまっていること、および会話の選択肢が4択になってしまっていることから、肝心のストーリー性や自由度が薄いです。また、最後のDLC「Nuka-World」ではトロフィーをコンプしようとするとプレストン・ガービーに嫌悪されてしまう(コンパニオンとして連れ歩けなくなる)というまさかの地雷が仕込まれています。ガービーと敵対しないように進めようとすると、今度はNuka-Worldの街がほぼゴーストタウン化してしまいますしトロフィーも取れません……。仕方がないのでストーリー分岐点のセーブデータを保存した上でトロフィー用のプレイをしました。近々FO4のMODがPS4でも使えるようになるので、ガービーと敵対するクエストをスキップできるModが配信されることを願っています(PC版には既にこのModは存在します)

トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~
 フレンドさんに勧められてプレイ。今まで萌えゲーだと思って食わず嫌い状態だったのですが、すっかりハマって新ロロナも注文してしまいましたw もちろん萌え要素もありますが、3枚目キャラも多かったので冒険やアイテム錬金だけでなくストーリーも楽しめました。JRPGですが、細かくあれをやれこれをやれと指示されず、結構投げっぱなしなところも良かったです。プラチナトロフィーを取るには時限作業の連続ですのでしっかりと攻略を見る必要がありますが、1周目はバッドエンディングを避けるために必要な事位の情報しか見ずに自由にプレイすることをお勧めします。移動の時間を短縮すれば、攻略をガン見しなくても1周目からエンディングの大半は回収できると思います。

Homefront: The Revolution
 今ミニ・プレイ日記を書いているオープンワールドFPSゲーです。日記の第1回にも書きましたが、初期状態では大量のバグがあり、軽くプラチナ取得を諦めかけました(^^; 幸いアップデートで殆どのバグは解消され、今では問題なく(ということもありませんが)プラチナを取ることができます。本編はFar Cryシリーズに非常に似ており、都市型Far Cryと言って差し支えない内容です。せっかく武器の種類が揃っているのに全く活かせていないなどの残念な点も多いのですが、雰囲気は良いです。またオンラインCoopは結構面白いです。過疎っているのでプレイされるならフレンドさんを2人程誘うと良いでしょう(最大4人Coop。3人いればハードもクリアできると思います)。こちらも次回作でのパワーアップに期待ですね。

Grim Fandango Remastered
 今月のフリプに来ている名作ポイント&クリックゲーです。かなり昔のゲーム(1998年)のリマスターな上、プラチナトロフィーを狙うならキャラの移動をラジコン操作にしないといけないため少々遊びづらいですが、かなりの名作です。パブリッシャーがルーカスアーツですのでストーリーは一級品で、1本全体を通してプレイすると映画を見たような気分になります。ただし、トロフィーは時限時限のオンパレードで攻略を見ないと殆ど取得できません。トロフィーを狙うなら映画と割り切って攻略を見ながら進めても良いと思います。それでも十分楽しめます。

デモンゲイズ2
 エクスペリエンス(チームムラマサ)製作のダンジョンRPGです。まだプレイ中ですので感想は次回のレベルアップ報告に回します。


この先のプレイ予定は以下のとおりです
 - PS4:FF15 → ラチェット&クランク The Game → ライズ オブ ザ トゥームレイダー → Gravity Daze2かMafia3 → バイオ7
 - PS3:なし
 - Vita:デモンゲイズ2 → 不思議の幻想郷 TOD RELOADED

ラチェットをまだプレイできていないので早くやりたいです。トゥームはトロバグが対処され次第始めます


【12月以降の更新予定】
・まずはFallout4をDLC6「Nuka-World」まで進めます
 - とりあえず早く本編を書き終えて目次を作成したいです
 - 時間がかかりすぎてしまって済みません(^^;

・FO4と交互にミニ・プレイ日記を書きます
 - まずは現在連載中の「Homefront: The Revolution」を終わらせます(あと4~5記事もあれば終わるはず)
 - 次に「Grim Fandango Remastered」のウォークスルーを書きます(大体10回程度?)
 - ラチェットのPS4版対応もプレイが終わり次第行います

その後は全く未定です。一応アサクリシンジケートのプレイメモは作ってあるのですが、もう古くなっちゃってますし…。とはいえ最近はメジャーな新作ゲームには発売後すぐに細かい攻略サイトができることが多いのでどうしたものかと。攻略サイトがあまり作られていないゲームがないか探してみます。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
PlayStation Vita

日本一ソフトウェア
Fallout 4Fallout 4
PlayStation 4

ベセスダ・ソフトワークス
HOMEFRONT the RevolutionHOMEFRONT the Revolution
PlayStation 4

スパイク・チュンソフト
アサシン クリード エツィオ コレクション 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産限定封入特典オリジナルカスタムテーマ&アバター プロダクトコード 同梱) 数量限定初回特典サウンドトラックCD 付アサシン クリード エツィオ コレクション 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産限定封入特典オリジナルカスタムテーマ&アバター プロダクトコード 同梱) 数量限定初回特典サウンドトラックCD 付
PlayStation 4

10/31 ~ 11/4の間、ブログ更新をお休みします

皆さん、おはようございます。

今朝の飛行機でシンガポールに出張するため、11/4まで更新をお休みします。
本ブログをご覧頂いている皆さまには大変ご迷惑をお掛けします。

ちなみに朝便ですので、寝ていません(^^; 寝たら100%起きられないので…
飛行機の中で爆睡予定です。

出張は毎回1人で行くため、夜はヒマヒマかつルームサービス中心の味気ない夕食になることが多いのですが、
今回は現地に友人がいるため、食事が充実しそうで楽しみです(^-^)
でもVitaは持っていくんですけどw

帰国し次第更新を再開しますので、今暫くの間ご容赦下さい。

今日(8/28)から更新を再開します

皆さん、おはようございます。

いつもなら連続して更新をお休みする際には事前にその旨をお知らせしていたのですが、今回は告知せずに4日間もお休みしてしまい、大変ご心配をお掛けしました。また、記事を楽しみにして下さっている皆様にも大変ご迷惑をお掛けしました。

何度か記事中に書いたかもしれませんが、会社のFY(fiscal year、会計年度)が9/1~8/31ということもあって、7月末からかなり激務&不規則勤務な状態が続いていました(^^; 年度末までに私がやらなければならないタスクは全て完了したものの、終わった途端に疲れが一気に出てしまい、持病の悪化で緊急入院してしまったというのが今回の顛末です(T_T)
幸い薬の点滴投与の効果がかなりあったため、無事4日で退院できました。土日の退院はあまり病院はやりたがらないので、無理やりお願いしたのが実際のところですが…

入院中にお休みの告知を書きたかったのですが、スマホを分かりづらい場所に置いていたため家族に持ってきてもらうことができず、お知らせしないままになってしまいました。本当に済みません。

スマホはないものの、Vitaや電子書籍リーダーを家族が持ってきてくれたので、入院中も大して退屈せずに(まぁ大半は寝ていたのですがw)過ごすことができたのですが、4日の完全ネット絶ちはかなりキツかったですw

未消化有給がかなり溜まっているので、来週は家でゆっくり過ごすつもりです。
お医者さんには通院以外の外出は控えるようにと念を押されたのですが、点滴の針を入れていた場所が酷い内出血でヤク中の腕みたいになってしまっているので、半袖シーズンの今、頼まれても外出なんてしたくないですww
ガッツリ引きこもります(^^

…という事情ですので、暫くの間は更新ペースが若干落ちるかもしれません。徐々に平常ペースに戻していきますので、暫くの間何卒ご容赦ください。

本当にご心配をお掛けしました。これからもよろしくお願いします。

トロフィーレベルが37になりました & 今後の更新予定

皆さんこんばんは!久々にトロフィーレベルが上がったので、恒例のレベルアップ報告です。雑記事を挟んでしまって本当に申し訳ないのですが、記念ですのでなにとぞご容赦ください(^^;
3月~4月はあまりゲームをプレイできなかったため、久々のレベルアップです。
lv_37.jpg

今回は長時間プレイが必要なゲームは特にやっていないのですが、レベルアップに4ヶ月も掛かってしまいました(^^; 忙しかったのとFallout4で全クエストクリア&スキル本・ユニーク武器全収集プレイをやっていたのが原因です。私はFO4よりも圧倒的にFO3派なんですが、それでもやり込み始めると止まらなくなりますねw 本当にベセスダゲーの中毒性の高さには毎回驚かされます。秋にはSkyrimのPS4版が出るので、またこれに没頭してしまいそうで怖いですw秋は他にも欲しいタイトルが目白押しですので、睡眠不足と積みゲーの増加を今から心配しています(^^;

幸い夏に発売されるソフトにはあまり好みのものがなく、予約しているものも来週発売の「流行り神2」と8月に出る「ラチェット&クランク THE GAME」位ですので、その間にプレイ途中のゲームと積みゲーをガンガン処理したいと思います。個人的にはシーズンパスまで買っておきながらまだ未着手のままになっている「Witcher3」を再優先にしたいところなのですが、これもプレイ時間がかなり掛かりますよねw 夏は例年夏バテで苦しむことになるので、じっくり座ってのプレイが必要なPS4タイトルよりも、ベッドでゴロゴロしつつスリープで休憩&まったりプレイのできるVitaソフトで堕落した夏を過ごしたいです(^^; 本当は夏はダイビングに行きたいんですが、体調不良でなかなか……


レベル36の間に遊んだ中で最も印象に残ったタイトルは「Life is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」です。
プレイするドラマのようなアドベンチャーゲームで、時間を巻き戻す能力を持った女の子を操作して、会話をしたりキーアイテムを探したりしながらストーリーを進めていくシステムです。全5回に分かれており、全体のストーリーの流れの他にも各回ごとの山場もあるため、毎回続きが気になってしまい、気がついたら徹夜…なんてことになるほど夢中になってプレイできます。

ストーリーは青春グラフティ+ミステリーなのですが、ストーリー・映像・システム・演出・音楽の全てが世界観にとてもマッチしており、かつキーとなっている「時間を巻き戻す」能力も「どこでどの程度巻き戻すのか」を自分で好きに選べる仕組みになっているため、没入感が非常に高いです。2章の途中まではあまり話が大きく動かないため「期待したほどではないかな」と思ってしまいますが、後半のハマり具合は圧倒的で、本当に止め時を見失うという言葉がぴったりなほど登場人物や物語に引きこまれてしまいます。ラストでは難しい選択を迫られますが、どちらを選んでもとても切なく心を締め付けられます。終わった後の余韻は映画を超えるものがありました。

物語の大筋は決まっているのですが、自分の行動で同級生の未来が結構細かく変わってくるので、メインのストーリーだけでなく周囲の人々の様子にも気を配りながらプレイすると更に楽しめます。1周目の感動が大きすぎるがゆえに2周、3周とプレイしたくなるタイプのゲームではありませんが、濃密なプレイを楽しめるため価格以上の価値があります。元々の価格も定価で4800円、新品実売価格4000円程度の良心価格です!

アメリカのドラマが好きな方、ストーリーに感情移入できる作品が好きな方には特にオススメです。元は洋ゲーですが、翻訳や吹き替えの質もとても高く、違和感を感じさせる箇所はありません。

ストーリーを1周してからシーンを選んで写真を撮影していけば良いだけなので、非常に簡単にプラチナトロフィーを獲得できます。1周目に攻略を見ながらプレイする必要は一切ありませんし、トロフィーを意識して写真を撮りながら進める必要もありません。撮っていない写真の撮影は、クリア後にシーン選択&ムービースキップで回収すれば1時間弱で終わります。ネタバレを避けるためにも攻略情報は一切見ずにプレイして欲しいです。まだ未プレイの方はぜひ手に取ってみて下さい(^-^)b


それではいつものようにレベル36の間にプレイしたゲームを簡単に振り返りたいと思います。

ライフ イズ ストレンジ
 最も印象に残ったソフトの欄に記載したため割愛します。本当にオススメです。

ニコリのパズル4 ヤジリン
 恒例のニコリシリーズです。発売されていたのに気づかず、プレイ開始が少し遅れてしまいました。指定された方向・数字分の黒マスを配置しつつ、線を引いて全体で1つの輪っかを作るというルールで、ニコリシリーズの中では2番目に好きなパズル(一番好きなのは「美術館」)です。比較的難易度低めの問題が多いので初心者の方にもお勧めです。

はーとふる彼氏
 鳩を攻略する乙女ゲー(?)というかバカゲーですw Steamでの評価がとても高いのでネタで買ってみたのですが、攻略相手が全て鳩というストーリー、誤植や文字抜け、BGMがいきなりビープ音を多重再生したような耳に刺さる雑音になってしまうなどの笑える不具合など、どこを取ってもカオスなゲームで非常に楽しめましたww
もちろんギャグ要素のみで構成されている訳ではなく、真エンディングルートでは結構作り込まれたミステリー・サスペンスを楽しめますし、ホロッとするようなお話もあります(登場人物全て鳩ですが)。価格分の価値は十分にありますので、ぜひ一度遊んでみてください。

ニコリのパズル4 ひとりにしてくれ
 PS4のニコリシリーズで恐らく最後のタイトルです(Vita版と同じく12種のリリースだと思われるため)。画面が黒マスで分断されてしまわないよう気をつけながら、縦横それぞれのライン上に同じ数値が1個のみになるよう塗りつぶしていくというルールで、ニコリの中ではかなりの古参パズルです。手筋は単純で分かり易いですが、1問解くのに掛かる時間が美術館やヤジリンと比べて長いため、初心者よりは中級者にお勧めです。PS4でもVitaのように12種合計1000問入りのソフトをリリースして欲しいのですが…。期待せずに待っています。

Neverending Nightmares
 精神病を患う作者が自分の経験を表現した作品で、不気味な悪夢の中を延々と横に向かって彷徨う雰囲気ゲーです。こちらもSteamで見て気になっていたので購入しました。ペン画のようなグラが非常に不気味です。多少のアクションはありますが難易度は低く、2~3時間で全ルート終わります。怖いということはないのですが、作者の感じている苦痛や重苦さが何となく体感できます。値段分の価値があるかと言われれば若干微妙ではあります。興味がある方はVitaではなくsteamのセールやバンドルで買うのが得策かと。

初音ミク -Project DIVA- X
 大好きなミクDivaシリーズなのですが、今回のモジュール(洋服)ランダムドロップ仕様やあまりにも上がらなさすぎる親密度、親密度や着用モジュールが音ゲーのスコアに影響するシステムはかなり不満です。今回からDiva FではなくXシリーズに変わったということで内容にも違いを出そうとしたのだとは思いますが、音ゲー部分は従来のようなフリープレイのみで良かったのではないでしょうか?特にモジュールとプレゼントのランダムドロップ(ガチャ)仕様については、なぜこのような仕組みにしたのか本当に理解しかねます。1曲プレイしてパーフェクトを出せても、ご褒美のモジュールがダブると嬉しさが半減してしまい、疲労感のみが残ります。音ゲーでパフェを出して嬉しくなかったのは初めてですね。ガチャの高揚感は「何が出るのか期待する → 結果に一喜一憂」を短時間に何度も連続で繰り返すことによって生まれるものであって、3分演奏した結果がランダムドロップになってもテンションは全く上がりません。 それにコンシューマーゲームを買う層はガチャが好きな人はあまりいないと思うのですが… 良曲が多く、肝心の演奏が楽しいだけに非常に残念でした。

MIRACLE GIRLS FESTIVAL
 ミクと同じシステムを使い、曲と登場人物を深夜アニメ系キャラにした音ゲーです。結構なめらかに歌って踊るので、収録曲の中に好きなアニメがある方はかなり楽しめるのではないでしょうか。全ての楽曲をフルコーラスでプレイできるのでファンには非常に嬉しい作りだと思います。曲の難易度がミクよりも大幅に低いので、音ゲー初心者でも全く問題ありません。音ゲー目的の方は何を重視するのかによって評価が大きく変わると思います。私はミクのシステムでブーストしたかったのでそれなりに満足ですが、歌が上手くない方が若干いたため一部の曲をプレイするのが少々苦痛でした。ミクよりもCoolのタイミングがかなり早いので、ミク経験者はタイミング調整してから始めると良いでしょう。

ミスターパンプキンの不思議な旅
 マシナリウムに似た脱出パズルです。パズルの中には若干答えが分かりづらいものもありますが、ミニゲームに正解するとヒントを貰えるため、問題なくクリアできるレベルです。特に詰まる箇所もないでしょう。ストーリーはイマイチ分かりづらいですが、値段も非常に安いですし特に不満は感じませんでした。何よりこの手のゲームが日本のディベロッパーから出てきたのが嬉しいです。マシナリウムの開発者のように今後もこのジャンルのゲームを作り続けて欲しいです。応援しています。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
 今回もグラフィック・演出・アクション・ストーリーなどなど全ての要素が一級品で非常に楽しめました。翻訳のセリフの言い回しなんかの細かい点も感心する位気がきいていて、冒頭でお勧めした「ライフ イズ ストレンジ」とはまた違った方向性での「プレイできる映画」になっていました。シリーズ全作プレイしていますので、一番最初に起動した時のような驚きはありませんでしたが、流石のアンチャ・クオリティでした。トロフィーのための周回プレイを面倒だと感じないゲームはなかなかありません。本作はアンチャーテッドシリーズの最終作ですが、もうアンチャの新作をプレイできないと思うと本当に残念です。今後リリースされるストーリーDLCもかなり期待しています。たとえトロフィーが付いていなくても絶対にプレイします(^-^)

Skulls of the Shogun
 PS Plusで配信されたSRPGです。キャラも結構可愛いのですが、まだマルチをほんの少しプレイしただけの状態ですので、感想は次回のレベルアップ報告に回します(^^

Fallout 4
 ゲームの中で一番好きなFalloutシリーズの最新作です。PS4になったことでこれまで懸念だったフリーズ問題もなくなり、探索しまくったプレイ時間200H超えデータを使っても快適にプレイできるのですが、肝心のロールプレイ性が削られてしまったので熱中度は3やNew Vegas程ではありませんでした(まぁそれでも200時間以上プレイしているので十分ハマっているのですが)。何よりも会話の選択肢の多様性が失われてしまった点が残念でなりません。過去作では依頼に対して「やる・やらない・やる振りをしつつズルでごまかす・脅して全く別の展開にする」というように多種多様な応答ができたのですが、それが今作では「喜んでやる・やる・文句を言いつつもやる」という感じで流れの分岐が殆どないクエスト展開になってしまっているんですよね(^^; ダンジョンのアイテムも一定時間が経過するとリスポーン(セーブデータ肥大を防ぐためには仕方ないのかもしれません)しますし、FO3のダンウィッチビルやVault106のようなホラースポットがないのも少し残念です。あ、居住地のクラフト要素は楽しめました!自宅だけで良いのでクラフト機能を追加したFallout3リマスターをぜひ出して欲しいです。…と文句を言いつつも、もう少ししたら第三弾DLCの「Far Harbor」もプレイする予定です。

Homefront:The Revolution
 敵が北朝鮮軍という少し変わった設定のFPSです。まだCoopしかやっていないのですが、Coopは敵AIが少しおバカなものの結構楽しかったです。装備の入ったボックスを購入しても出てくるアイテムがランダムドロップ(洋ゲーまでガチャに侵食されてしまうとは…)なのが難点ですが、色々なスキルを組み合わせて個性的なプレイヤーを作れますし、ミッション内容もバラエティに飛んでいて良かったです。オフラインの方はとにかくバグが相当多い模様なので(発売から数ヶ月経ってもplaystationtrophies.orgにガイドが登録されていないことからもお察しです)、もう数バージョンパッチが上がるのを待ってから始める計画です。

Dying Light:The Following
 Dying Lightの「The Following」DLCをプレイしました(他のトロフィーは既にコンプ済)。ようやくのストーリーDLC追加で、ハランとは別のエリアでお話が展開します。クエストの数も豊富、かつ新要素の「バギー」があるため、このゲームが好きな方は購入することをお勧めします。バギーでゾンビを轢きまくるのはそれなりに楽しいのですが、「避けられない位置でボマーが爆発 → バイラル発狂 → 車に取り付いてウザい」という流れが頻繁に発生するため、他のゾンビゲーでのバギー程の爽快感はありません。私はラストミッションでの時間制限ドライブパートでよりによって夜になってしまったため、「道が真っ暗なのでライトをオン → ボラタイル大量発生 → 死亡&回復薬大量消費」の流れを夜が明けるまで繰り返す羽目になり、少し(実は相当)イラッとしてしまいましたw

Rocket League
 新DLCの「Neo Tokyo」をプレイ。とりあえず運ゲー要素以外のトロフィーを全回収しました。無料アップデートにトロフィーが付いてくる形ですので、ロケリーをお持ちならアップデートしておくことをお勧めします。アイスホッケーモードが面白そうだったのですが、関連トロフィーが1つしかなかったのが残念です。バスケのモードは全然上手く球を高く上げられなくて、結局ブーストを使って半分ズルのような手法でシュートしてしまいましたw どなたかコツを教えてください(^^ よろしくですw

うたの☆プリンスさまっ♪Music3
 同名の乙女ゲーに出てくる曲を集めた音ゲーです。乙女ゲーがベースだから楽勝だろと舐め切って序盤から最上級難易度をプレイしようとしたら、初心者を完全に殺しに掛かってきている高難易度譜面が出てきて一瞬絶望してしまいました。とはいえ、プレイしているうちに最高難易度でもフルコンボできるようになってくるので不思議です。ここまで上達を実感できるゲームはなかなかないので大満足!歌が特に上手な人が数名いるので、歌が下手だと嫌な人でもプレイがツラい曲はごく僅かです。最高難易度1曲フルコンボと難易度ハード全Coolクリア×3回のトロフィーがあるので、音ゲー中級者以上にお勧めです。難易度ハード全Coolはどの曲でもそのうちできるようになります。難易度プロフルコンボは「You're my heart」・「サンキュ!」・「Independence」で達成しました。一番簡単なのは「Your're my heart」だと思います。

初音ミク Project DIVA Future Tone
ミクのアーケードゲームをベースにした音ゲーです。とにかく曲数が豊富な上にDivaルームがないので、とても楽しいです。まだプレイ中ですので感想は次回のレベルアップ報告に回します。

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
 謎解き脱出アドベンチャーで、このブログでも記事を書いている「善人シボウデス」の続編です。パズルの難易度がシボウデスより低く、かつ面合わせなどの同じ種類のパズルが繰り返し出現する箇所があるため、パズル的な歯ごたえは前作よりも落ちますが、ストーリーの伏線回収が素晴らしいです。前作のラストはスッキリしない終わり方でしたが、今回はキレイに終わります。何よりも真エンディングの本当の最後のシーンでようやく回収される伏線があったのには驚きました。終わり方が秀逸だったため、プレイ後の達成感が絶大です。ただ、ストーリーが完全に続きモノですので、前作のストーリーを忘れているとそこまで楽しめません。1作目の「極限脱出 9時間9人9の扉」はプレイしなくても何とかなりますが、「善人シボウデス」についてはネタバレサイトなどでおさらいしてからプレイすることを強くお勧めします。


この先のプレイ予定は以下のような感じです
 - PS4:LittleBigPlanet3 → The Talos Principle → ラチェット&クランク The Game → HomefrontかFO4のDLC
 - PS3:なし
 - Vita:真・流行り神2 → 積みゲー処理

ラチェットが楽しみすぎてヤバいですw


【7月以降の更新予定】
1:Metro:LastLight & Fallout4
2:ラチェット&クランク THE GAME


まずは現在連載中のMetro:LastLightとFallout 4 を続けます。特にMetroの方を優先して進めます。
Metroが終わる頃にはラチェット新作がリリースされると思いますので、プレイが進み次第FO4と並行して記事化する予定です。

相変わらず最新ゲームに対応できていませんが、これからもよろしくお願いします(^-^)

ラチェット&クランク THE GAMEラチェット&クランク THE GAME
PlayStation 4

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2016-08-09
ライフ イズ ストレンジライフ イズ ストレンジ
PlayStation 4
メトロ リダックスメトロ リダックス
PlayStation 4

スパイク・チュンソフト
Fallout 4Fallout 4
PlayStation 4

ベセスダ・ソフトワークス

NEXT≫
スポンサードリンク
管理人(mimi)より

動画などのリンク切れがありましたらお知らせ下さい^^

Amazonおすすめゲーム
最新記事
カウンター
最新コメント
リンク
amazonゲーム検索
カテゴリ(クリックで展開)
Amazon新作ゲーム